起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

外国

[中国]勉強する外国語の選択には注意した方が良いそうです

 


 

駐在員だけど、さすがに我慢の限界になってきた : 大艦巨砲主義!

社長曰く、
中国が休みの時は日本のお客さんが働いてるから出勤しろ。
日本がお休み時は中国のお客さんが働いてるから出勤しろ。
何このダブルスタンダード?
じゃあ俺はいつ休めばいいんだよ。
今日は中国はメーデーで休みなのに出勤させられてる。
そして中国は4日から普通に仕事だから、俺の休みは明日と明後日
つまりただの土日だよこんちくしょう!

 

正直な話、日本人は中国語通訳じゃ食えない。
中国語に限らず、外国語は自分の国より豊かな国の言語を学ばないと食べられない。
例えば、同じ会社の求人に日本語が話せる中国人と中国語が話せる日本人が同時にエントリーしたとして
二人の語学力が同じぐらいなら雇われるのは中国人の方になる。
それは単純に中国人の方がコストが安いから。
語学スキルって言うのは、直接何かを生み出すスキルじゃないから、必要なときだけあればいいって感じになる
だからコストが安くて、その時だけ使えればいいだけ。
人材として育成したり長期的に働いて欲しいなんて会社は思ってない。
残念だけどこれが現実。
だから日本人に必要なのは日本人としての技術やスキル。
それがあれば海外でも食える。言葉なんて現地で安い通訳雇えばいい。


************引用ここまで************

 

日本より生活水準が低く、経済状況も悪い国の言語を武器に就職するという事は、日本より生活水準が低く、経済状況も悪い状態の場所で働かされるという事だから、結果として割に合わないというのは、当たり前の帰結というべきなのかもしれません。

発展途上国ならビジネスチャンス自体は色々と転がっているでしょうから、自分で起業するという条件なら、日本より生活水準が低い国の言語は有効でしょうけど、そうではなく就職の為というなら、先進国以外の言語は、逆に自分の首を絞めることになるようですね。

 

あと、記事内容とは関係ないけど、コメント欄で気になった記述をみかけたのでメモ書き。


 

93.名無しさん:2015年05月03日 13:34 ID:1fdDwpVjO▼このコメントに返信

真面目な話、体か心を壊す前に逃げた方がいい。
精神病患うと人生に色々と制限付くから、つまらんよ。
かくいう自分も手遅れで鬱発症した身。もう3年近く精神科通い。
96.名無しさん:2015年05月03日 14:00 ID:ErLhpmsu0▼このコメントに返信
※93
精神科通うとか、どんな情弱だよ

クスリ漬けにされて廃人になるぞw


 

これみたいに、なんだかうつ病をちょっとした気分の落ち込み程度に考えちゃう人って多いですよね。
うつ病で病院に行かなきゃいけないレベルって、病院に行って生き延びるか、それとも死ぬかレベルの選択だったりする事もあるんだけど。

糖尿病なり、心臓病なり、あるいは単なる骨折ですら場合によっては、薬を一生飲み続けなきゃいけない病気なんていくらでもあるのを考えると、薬を飲むことを薬漬けという表現で卑下するのはどうかとおもいます。

どんな病気でも、早期発見早期治療は大原則です。
骨折を例に挙げて考えてみます。

大腿骨を骨折をした後に治療をすればその後も普通に生活できるまで回復してたかもしれないのに、未治療のまま歩いてたら、ほかの神経系や血管系を傷つけて、大惨事になるかもしれません。また、変形したままくっついてしまえば、足を引きずらないと歩けない・神経に骨折部位が触れている為に一生痛みどめを飲まなければならないなど“障害”として残ります。
うつ病の場合は、これらの事が「頭の中の神経系」で起こるわけです。

しかも、96の人みたいに考えている人が結構いるから、周りの人から無責任な助言を受けて病院に行かず、早く治療すれば治ったかもしれないのに、一生治らず・もうまともな社会生活無理なんじゃないという“障害”レベルになっちゃってから病院に来る人が多かったりします。

“障害”レベルになったら、まず治らないです。

骨折の場合は部位によっては人工骨に置換するという手もあるかもだけど、人工脳への置換手術なんて今のところ開発されていません。

うつ病かなと思われる方には、まずは原則通りに早期発見早期治療をお勧めします。

 

[関連記事・関連情報]

[異常者への対処法]コリアン・リスクがイケアを直撃

 


 

【反日企業イケア】韓国の協力を得て「東海呼称キャンペーン」全世界展開を発表したIKEA「韓国さんの記事はまちがいです。誰か助けてください」:Birth of Blues

【ソウル時事】ソウル近郊の光明市に18日に韓国1号店がオープン予定のスウェーデン家具大手イケアは4日、英語で「SEA OF JAPAN(日本海)」と単独表記され、韓国で非難を浴びていた装飾用の壁掛け地図の販売を来年から全世界で終了すると発表した。


********** 引用ここまで **********

 

いわゆる“偏執的な性向のある異常者”を相手にする場合、一番行ってはいけないのが、その場その場に応じて適当に対応するという方法です。

端からみると、相手は馬鹿にしか見えないかも知れませんが、記憶力が無いわけでも考える力がないわけでもありません。そういう相手に対して、適当に対応してしまうと、その対応を根拠にして揚げ足を取られ、更に詰め寄られる事になります。“偏執的な性向のある異常者”というのは、一度思い込むと訂正が聞かず、更には同じ事を繰り返す事を苦と思わない傾向もありますので、一度でも弱みを見せると、常人では根負けしてしまうレベルで執拗に同じ事を持ち出してくるのです。

その為、こういった相手に対応する場合は、いちいち相手の感情に付き合うのではなく、自分達の主張のきちんと決めておき、原理原則から外れない対応をしなければいけません。

 

この、イケアの件に関していえば、変に韓国人に迎合するような対応をせず、「IHOに準拠したものを売っています」程度に答えて余計なことを言わなければ良かったのです。しかしイケアは韓国人・コリアンという国家レベルで国民に反日洗脳教育を行っていて、日本が関わると“偏執的な性向のある異常者”と化す集団に対して、もっともまずい対応をしてしまいました。もうイケアは韓国で商売をする限り、韓国人の感情を最優先して動くしかなくなってしまったのです。

 

こうなってくるとイケアの日本展開へも、大きな影響が出てくるでしょう。韓国への忌避感情が大きくなっている昨今、この事を知っている日本人ならば、なるべく韓国人の感情の奴隷と化したイケアを避けようと考えるでしょうね。

 

[関連記事・関連情報]

[氷バケツチャレンジ]脅迫という犯罪手法に乗る人々

 


 

【芸能】ビートたけし 氷水拒否「オレはやんないよ」「武井さんとか、なかなかいいコメントだね」

 

たけしは、この日の番組で、「オレのとこにもそのうち(指名が)くると思うけど、オレはやんないよ。お金も払わない」ときっぱり拒否した。

アイス‐活動で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)についての認知が広がることについては理解を示した上での発言。「オレは熱湯に入って金もらう方だから。なんで、冷たいの(かぶるの)。おいらは熱湯に入ってお金とる方だから、主旨が違う」とユーモアをまじえて拒否理由とした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140823-00000077-dal-ent


********** 引用ここまで **********

 

しばらく前から目にしますけど、正直言って脅迫によって社会に混乱を巻き起こす不幸の手紙とか系と同じにおいがします。

鯨を守るためなら人殺しも辞さないシーシェパードとか、平和を守る為なら戦争も辞さない九条教徒とかの勘違いした独善さは鼻につくのです。

 

こういうことを言うと、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)の支援に反対するのか」とか、更に勘違いした意見が出そうですけど、「ALS(筋萎縮性側索硬化症)を支援する、しないを考える事」と「心理的脅迫的活動で群集を巻き込もうとする手法を批判する事」は関係がありません。

 

この手の詐欺的手法・犯罪まがいの手法が当たり前の事として広がるのは、はっきり言って社会のためになろうとして真面目にビジネスや慈善活動を行う人間にとっても邪魔にしかならないのですよ。脅迫OKなんて事になると、商道徳・社会道徳が完全に崩れ、違法行為のインフレーションが始まってしまいますからね。

 

今は脳みそをきちんと使わずに、考えもせずに乗っかっている人が多いようですが、常に考えて行動するのはビジネスを成功させる為の必須事項ではあります。波に流され、熱に浮かされて行動することは慎みたいものです。

 

[関連記事・関連情報]

[情治国家・韓国]法が機能しない発展途上国などで商売をする方法

 


 

痛いニュース(ノ∀`) : 【韓国】 産経新聞ソウル支局長に「オンライン名誉毀損罪」の適用 7年以下の懲役 – ライブドアブログ

韓国の検察は、朴槿恵(パク・クネ)大統領の名誉を傷つけた疑いがあるとして、産経新聞の加藤達也ソウル支局長に対し情報通信網法における名誉毀損罪の適用を検討していることが11日、分かった。

検察によると、ソウル中央地検は旅客船セウォル号沈没事故当日の朴大統領の行動を扱った同紙の記事のうち、紙面よりもインターネットサイトに掲載された記事が朴大統領に対する名誉毀損の度合いが強いとみて、関連法を検討中という。同記事は朝鮮日報のコラムや証券業界の情報などを引用し、朴大統領の私生活に関するうわさを報じており、外国のマスコミが他国の首脳を侮辱したと物議を醸していた。

情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律(情報通信網法)は「人を誹謗(ひぼう)する目的で情報通信網を通じ、公然と偽りの事実により、他人の名誉を傷つけた者は7年以下の懲役、10年以下の資格停止または5000万ウォン(約495万円)以下の罰金に処する」と規定している。

検察は加藤支局長を出国禁止とし、12日に出頭するよう求めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140811-00000046-yonh-kr


********** 引用ここまで **********

 

法治国家ならぬ情治国家とも言われ、法の平等以前に日本憎しで国が動く韓国において、またまたトンデモな動きが出てきたようです。

一応仮にも民主国家の体を取っている韓国において、報道の自由を真っ向から否定するような動きを行うのは意外性がありますが、為政者が国民の不満をそらし権力掌握を維持する為に反日をし続けなければならない韓国や中国では、それほど驚くべき事柄ではないですね。

 

上記2か国とは理由は違うものの、きちんと法整備されていない、あるいは法があっても行政が法に基づいて運営されていないという事態は、特に発展途上国や中進国などと呼ばれる国々では多いものです。

また、法だけではなくモラルの問題、例えば期日までにお金を払ってもらう契約をしたのに言い訳を繰り返しお金を払わないなどもよく聞く事態です。

 

そしてそのような国で、うまくビジネスを行う為の必須となる方法は「十分な情報収集を行い、事前に対策を立てる事」でしょう。

逆に言えば、問題が発生する事が予想されているのに、その対策がが立てられないままやり取りするのは、商売ではなくギャンブルと言うべきです。

 

商売の基本は儲けられるべくして儲ける事です。お金を儲けたいならギャンブルに嵌る愚は避けたいものです。

 

[関連記事・関連情報]

 

[マクドナルド]日本人が嫌いな「無責任」という悪徳

 


 

痛いニュース(ノ∀`) : マクド・カサノバ社長「中国腐敗鶏肉が日本に入って来た証拠は無いでしょ?だから返金はしません」 – ライブドアブログ

「お客さまに心配を掛けたことをおわびする」。日本マクドナルドのサラ・カサノバ社長は29日、中国の食品会社による期限切れ
食肉使用問題発覚後、初めて記者会見し、謝罪した。一方で迅速な対応を強調し、現在販売中の商品について「安全性と品質に自信を持っている」と胸を張った。

no title

no title


********** 引用ここまで **********

 

本当にこんな発言をしたのか、現在は確認が取れていないのですが、もし本当にこんな発言をしたのであれば、日本市場では完全に総スカン食らってもおかしくないです。

 

なぜなら、日本人に嫌われる要素の中でも、最強クラスの要素のひとつが「無責任」という要素だからです。

最近の記事から「無責任」という要素の強い記事をピックアップすると、以下のようなものがあります。

 

仙谷由人氏「民主党の大敗は国民の過剰期待とメディアの煽りのせい」

自分では絶対に責任を取らない、都合の悪いことはすべて他人のせい。政治分野の無責任担当、ご存知「民主党」です。

 

【ワタミ】渡邉美樹氏がブラック批判に激怒「ふざけるな」「赤字は風評被害」「客離れはみんな酒を飲まなくなったから」

社員を過労死させても責任を感じる事なし。ブラックを通り越し魂の深奥まで闇に染まったダーク企業「ワタミ」。

 

マクドナルドの終わりの始まりとなるかもしれませんね。

 

 

[関連記事・関連情報]

 

 

[メディア]中国に毒された日本マスコミの惨状(朝日新聞)

 


 

時事140725 朝日の論説がひどい件について – 提督の野望 海軍広報 Ver7.0

朝日新聞の論説がひどい。
このあいだの土曜の朝日新聞夕刊2面のトップ記事が論説だったんですが、「中国は的確な貿易制裁をしてくる。北欧はこれをやられて服従した。中国は敵に回すと非常に怖い」。そんなことが書かれていました。話の流れ的に、国際秩序を冒涜する中国は強権的でけしからん国だという結論を書くのが正義の味方としての言論ですが、この論説ではそれがなく、ただ単純に中国は強い、中国は怖いという宣伝だけしていました。
内容を考えるに、朝日新聞お得意の反権力とかそういうものでもなく、ましてや論説なんて高尚なものでもなく、ただの中国共産党のいいたいことを書いた宣伝にすぎません。しかし、権力が大嫌いな朝日新聞の読者層に、中国は強い悪党だから屈服しましょうなんて論説を載せるのは、悪い冗談にしか思えません。逆効果にしかなりませんよ、それ。しかも、朝日新聞はそれがわかっていながら、堂々と載せているのですから、いまの朝日新聞のスポンサーが誰なのかよくわかりますね。


********** 引用ここまで **********

 

7月19日夕刊の朝日新聞を確認できていないのですが、翌日朝刊にも似たような記事(「食べ物で恨みを晴らす中国流」知的漫遊紀行)が掲載されていたようですね。

「中国はこんなに怖いんだぞー」と日本人を脅かして中国に従わせるためのプロパガンダ記事。今の朝日新聞の方針が正義でも反権力でもなく、単なる中国や朝鮮勢力の為のプロパガンダ機関に成り下がっているいうのがよくわかります。

人によっては、この記事を「中国を批判するための記事」だと誤解しているようですが、これ以前からこんな記事(日中韓 試される包容力:朝日新聞デジタル)まで書いていますから、朝日新聞の主張が『日本は中国に従え』というものであるのは明らかです。

中国が内包する猛毒は食品業界だけではなく、日本のマスコミにまでまわりきっているようですね。

 

[関連記事・関連情報]

[アメリカ・中国・韓国]日本を取り巻く政治経済情勢まとめ

あけおめ~


靖国参拝でアメリカが失望した経緯を分かりやすくまとめてみた – 中国・韓国・在日崩壊ニュースを参考に一部改変

韓国の銀行が粉飾、負債隠しで経営危機をごまかす

IMFのストレステストで発覚、公表直前

経営危機を公表されると1兆ドル以上の資本増強が必要

韓国の7大銀行のうち6行は外資比率が50~100%

ニューヨーク銀行、ゴールドマンサックス、ローンスター、 シティなどがオバマ大統領に泣きつく

オバマ大統領、1997年のIMFショックの時と同じように日本に資金負担させることで朴槿惠(パク・クネ)と調整

状況を把握した安倍首相が靖国参拝、朴槿惠(パク・クネ)は日本に頭を下げられない

オバマ大統領、顔がつぶれて激怒、駐日アメリカ大使館フェイスブック「日本に失望した」とコメント

日本国民がアメリカに反発し駐日アメリカ大使館のフェイスブックが炎上

米国務省 「失望している」は、愛してるからつい言ッちゃった言・葉・な・の♪ 日本さん怒っちゃイヤン♪ – 政経ch

日本政府 知らね~よ


********** ここまで **********

 

例の靖国神社参拝騒動の裏側をまとめるとこんな感じですか。韓国に対する靖国バリアの強さがわかります。韓国に関してはこのまま「関わらない」外交を続けて欲しいですね。

 

また中国でも以下の引用のように全世界規模に影響がありそうな経済爆弾が破裂寸前のようです。


( ;`ハ´)中国地方政府の債務、約311兆円に増加-見積もりを67%上回る – 政経ch

12月30日(ブルームバーグ):中国の地方政府の債務は今年6月末時点で17兆9000億元(約311兆円)に達した。同国が抱える金融リスクが浮き彫りとなった。審計署が30日にウェブサイトに掲載した集計結果によれば、債務額は2010年末の見積もりである10兆7000億元を約67%上回った。12年末時点は15兆9000億元だった。


********** 引用ここまで **********

 

こちらの中国の方は、もうすでに日本一国で支えきれるような額ではなくなっていますが、靖国バリアのおかげで、支援の打診などの形で巻き込まれるような事はなさそうですね。

問題は、国内のゴタゴタから目を背けるために軍事的な行動に出る可能性ですが、小競り合い程度ならありそうですけど、本格的な侵攻作戦的なものはないでしょう。その小競り合いも勝敗がどうとでも宣伝できる船同士で発砲した云々程度と思われます。(それでも現場の人間にとっては大きな危険ですが・・・)

すぐに取り戻されてしまう為、中国共産党の威信が地に落ちる可能性のある尖閣諸島上陸などは出来ないでしょう。

 

もっとも、そう考えて日本が油断していれば、中国に勘違いさせてしまう可能性もあります。経済の上で反映する個々のビジネスの発展は、政治的安定性があってこそのものです。現状の自民党安倍政権であれば問題ないと思いますが、気を引き締めて対応してもらいたいものです。

 

 

[関連記事・関連情報]

[中国空軍インポ説]中国「最近、ピクリとも反応しないんです」

 


2ちゃん的韓国ニュース : 自衛隊機、通告せず防空識別圏を飛行 中国側、反応なし

 中国が尖閣諸島(沖縄県)を含む空域に防空識別圏を設定し、飛行の事前通告を求めた問題で、自衛隊機と海上保安庁の航空機が、この空域を中国への通告なしで飛行したことが28日わかった。
緊急発進(スクランブル)など中国側の反応はなかったという。


********** 引用ここまで **********

 

下品なたとえですけど、思いついちゃったので、書きたくなりましたw

 

中国空軍「洋物(アメリカ)や日本物、果ては朝鮮物など色々見ているんですが、ピクリとも反応しなくなりました。深刻です・・・」

 

という感じですか、大変総ですね^^;

 

ビジネスが潤滑にまわるには治安の安定は欠かせない要素ですが、地域状況がこれでは投資控えが発生して景気回復に急ブレーキが起こってしまうかもしれません。自分としてはそちらも心配なのですが、かといって自国の内政の失敗を日本への反感でどうにかしようとしている中国に付き合っててもきりが無いのは確かです。

これまで日本は中国や韓国が国際常識から考えて逸脱した行動を取るたびに褒美を与えてしまい、「無理難題を日本に対して言えば言うほど金をたかれる」という思考を学習させてしまった経緯があります。ここらで、それは間違った考え方だと教えなおさないとならないでしょう。

 

しかし、中国の現状を見ると、再教育が可能かどうかも怪しくなっていますね。

⇒  中国国防省 「日本は44年前に設定した防空識別圏を撤回しろ。そうすれば、中国も44年後に撤回を検討する」

これなどを見ていると、小学生が「それいつ言った。何年何月何日何分何秒、地球が何回回ったとき!」とか言い出すのと同レベルまで中国首脳部の脳みそが、ストレスによって退行を起こしてしまっているのがわかります。

教育というより、むしろ治療が必要なレベルなのかもしれません。

 

[関連記事・関連情報]

[就職・求人]外国人労働者とニートの問題を緩和してみる方法

 


排外主義を強める欧州 行き場を失うロマ族~北欧・福祉社会の光と影(29):JBpress(日本ビジネスプレス)

そして最近筆者自身が悟ったのは、北欧にこの1~2年非常な勢いで彼らが流入してきたのは、もちろん欧州全体の不況といった経済的な要因が大きく影響しているからだが、もっと直接的な原因は、欧州の他の国々ではすさまじい勢いで彼らの住居が破壊され国外に追放されているからだということだ。


 

 

********** 引用ここまで **********

 

今現在、どの国でも移民によって様々な問題が生じています。日本でも安く使い勝手の良い労働力が欲しい為、外国人労働者を日本国内に入れたい経営者側と、雇用機会を外国人に奪われて減らしたくない労働者側との移民に関する意見対立が起きているのは周知の事実です。

また一方で、働く機会があるにも関わらず働かない、いわゆるニートの問題も日本国内で問題となっています。このような労働資源が有効活用できれば、移民を考える必要が無いのでは等とも思ってしまいます。

そこで、この二つの問題を連携させて、ニートの労働権を外国人労働者に期限付きで売るという考え方が出てきます。これの利点としては、今まで経済活動に参加していなかったニートという存在が、経済活動の輪の中に入る為、経済のパイが大きくなり、結果的に日本の為になるという点でしょう。またニートを扶養しなければならない両親の負担なども減らすことができます。

デメリットとしては、やはり期限を設けてもそれを守らず不法滞在しようとする外国人労働者が出てくるという事でしょうか。

また大きな障害としてはいわゆる「人権派弁護士」など人権と言うモノに群がっている金を稼いでいる勢力がしゃしゃり出てくる事でしょうね。

 

[関連記事・関連情報]

[中国]言う事を聞かなければ民間人を大量虐殺すると言える神経

 


 政経ch – 中国軍の杜大佐 「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす。領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」

国籍不明の無人機が領空侵犯した際の対処方針策定を日本政府が進めていることを受け、中国軍のシンクタンク、軍事科学院の杜文竜研究員(大佐)は「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす」との見解を示した。共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」が24日伝えた。

(中略)

その上で「(東シナ海を飛行する中国軍の無人機を撃墜すれば)この領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」と強調。


********** 引用ここまで **********

 

この発言の内容は要するに、「自分たちのいう事を聞かなければ民間人を大量虐殺する」という事に等しいわけですけど、そういうことであると理解できるだけの頭の無い人間が軍のシンクタンクにいるというのが、ある意味恐ろしいレベルの喜劇になっています。

しかも日本の航空機だからと言って、日本人だけが乗っているわけじゃないと思うのですが、その辺りにもまったく気づいていなさそうです。

 

かなりの昔にはなりますが、かつては文化の先進国であったのに、なぜ中国は、これ程の無能を呈するまでに劣化してしまったのでしょうね。

 

[関連記事・関連情報]