起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[中国]言う事を聞かなければ民間人を大量虐殺すると言える神経

[中国]言う事を聞かなければ民間人を大量虐殺すると言える神経


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 政経ch – 中国軍の杜大佐 「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす。領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」

国籍不明の無人機が領空侵犯した際の対処方針策定を日本政府が進めていることを受け、中国軍のシンクタンク、軍事科学院の杜文竜研究員(大佐)は「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす」との見解を示した。共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」が24日伝えた。

(中略)

その上で「(東シナ海を飛行する中国軍の無人機を撃墜すれば)この領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」と強調。


********** 引用ここまで **********

 

この発言の内容は要するに、「自分たちのいう事を聞かなければ民間人を大量虐殺する」という事に等しいわけですけど、そういうことであると理解できるだけの頭の無い人間が軍のシンクタンクにいるというのが、ある意味恐ろしいレベルの喜劇になっています。

しかも日本の航空機だからと言って、日本人だけが乗っているわけじゃないと思うのですが、その辺りにもまったく気づいていなさそうです。

 

かなりの昔にはなりますが、かつては文化の先進国であったのに、なぜ中国は、これ程の無能を呈するまでに劣化してしまったのでしょうね。

 

[関連記事・関連情報]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です