起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[大阪市中央区]大阪国際音楽フェスティバル赤字補填の顛末

[大阪市中央区]大阪国際音楽フェスティバル赤字補填の顛末


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 

【大阪】民間出身の大阪観光局長が退任へ……韓流イベントで大赤字 – 政経ch

毎日新聞
———-
大阪観光局が昨年4月に開催した大阪国際音楽フェスティバル(インターナショナルジャズデイ)で約9400万円の赤字を出した問題で、大阪府は加納国雄局長(70)を、任期切れとなる3月末以降、再任させない方針を固めた。加納局長は来年度も事業継続の意思を示していたが、府内部には責任の所在を明確にすべきだとの声が強く、事実上の更迭となる。官民一体で観光客を誘致するため府、大阪市、関西経済界が共同出資して設立し、民間から観光の専門家をトップに起用したが、組織統治の面で課題を露呈した形だ。

府は7日、続投させない方針を関係者に伝えた。今後、市、経済界と協議して後任の人選を進める。加納氏は8日、毎日新聞の取材に対し、「任期を全うしたい」とコメントした。

関係者によると加納氏は赤字見通しが判明した昨年6月の実行委員会の会議でも、「大阪の知名度は向上、成果が上がった。事業を継続したい」と主張。府を通じて文化庁に提出した事業計画書では2015年度も「ジャズデイのアジア版を開催し、アジアの実力派アーティスト数人を招待する」としていた。しかし観光局は昨年末、計画打ち切りを府や文化庁に伝えた。

観光局は松井一郎知事、橋下徹大阪市長、関西経済3団体のトップが合意して13年4月に設立。米銀行駐日代表や香港政府観光局日本・韓国地区局長などを歴任した加納氏が初代局長に就いた。局長の任期は1年ごとの更新で、加納氏は2年目。【以下略】
———-
http://mainichi.jp/select/news/20150109k0000m040148000c.html

読売新聞から補完
———-
昨年4月に大阪市内で開いた「大阪国際音楽フェスティバル」では、韓国の旅客船沈没事故の影響で人気韓国人歌手のライブが中止になるなどして約9400万円の赤字が発生。保険などの対策を取っておらず、加納氏がうち約2700万円を個人で負担した。
———-
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150109-OYT1T50109.html


********** 引用ここまで **********

 

というか、これ財源が文化庁補助金、つまり税金から2億4千2百万円ぐらいを投入しているわけでしょ。(大阪府HP:大阪国際音楽フェスティバル事業負担金より) 文化庁が一度出した補助金を返せとは言わないでしょうし、それで9千4百万円赤字という事は、総支出が3億3千4百万円ぐらいの計算ですかね。

出演者が、防弾少年団(韓国)、超新星(韓国)、盧 廣仲(台湾)、一青 窈(日本:台湾ハーフ)で、日本で人が呼べるように思えない面子。元々お金を回収できる状況じゃないでしょ。
韓国の面子は韓国政府からも補助金が出るのでしょうから、金もそれ程使わなくても出演させられそう。
会場が大阪城西の丸庭園 特設ステージという事で、会場設営には多少はお金を使うだろうけど、大阪市管理の場所だから、地代は金がかからない。

ぶっちゃけ3億3千4百万円どころか実質は1億円使わなくても開催できそうに思えます。2億円ぐらいは色々な所に無駄に消えてそうですねえ。2700万円損失補填なんて大して痛くないだろうなあという内情を普通に想像できますよ。

 

自分自身はやりたいとは思わないですけど、国や地方行政からお金をもらって適当にばら撒けばいい天下りポストとかって、本当ウハウハなんでしょうねえ。

 

 

[関連記事・関連情報]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です