起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

01月

[イオン]超大型ショッピングモールの衰退が始まった

 


 

イオンに異変、業績悪化で株価急落 総合スーパー、消費者離れ深刻化で迫る終焉 – 政経ch

イオンに異変、業績悪化で株価急落 総合スーパー、
消費者離れ深刻化で迫る終焉

| ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2015/01/post_8708.html

1月13日の東京証券取引市場でイオン株が急落した。約1カ月ぶりの安値となる1126円まで売られ、終値は前日比6%安の1143円50銭となった。この日の東証1部値下がり率ランキング上位である。主因は前週9日に発表した2014年3~11月期の連結決算が市場予想を下回り、警戒感が広がったこと。連結営業利益は、前年同期比48%減の493億円となった。15年2月期の通年見通しは営業利益2000億円から2100億円のまま見直しされなかったが、市場はそれを絶望的と見たわけである。

イオン全体の業績不調の主因は、本業である総合スーパー(GMS)事業である。GMS中核事業子会社であるイオンリテールの営業損益が、14年3~11月期は182億円の赤字に転落(前期は57億円の黒字)。同年3~8月期は75億円の赤字だったが、直近3カ月で107億円の赤字がさらに上乗せされた格好だ。大型化など改装店舗は一部好調だが、既存店売り上げが前期比2.4%減と不振。特に衣料品が4.1%減と大きく落ち込んだほか、食品も2.3%減と苦戦した。

イオンの岡崎双一・専務執行役GMS事業最高経営責任者は「改装は順次していくが、(店舗数が多く)分母が大きいのでどれぐらい早くできるか」(今月9日の発表)と述べている。岡崎専務はまた、「価格政策で消費増税後の対応に失敗した。値上げしたのではないかと思われる値付けをしてしまった」と敗因を語った。●曲がり角迎えたGMS

しかし、イオンの不調は、大型小売店舗をチェーン展開するGMSの業態がいよいよ曲がり角に来ていることの現れともいえる。ここ最近、消費者が大型GMSを訪れる頻度は少なくなりつつある。日常の買い物は、コンビニエンスストアや、アマゾン、楽天などのインターネット購入へシフトしてきた。リアル店舗で探し回るより、ネットでの大量一括比較、そして検索型のショッピングが効率的となってきた。もしくは、専門店チェーンへ行くこともあり、野菜や総菜などの日々の購買なら中小規模のスーパーで済ませることも多い。逆に贈答品などの一部高級品は、伝統的なブランド力がある百貨店で購入する。

つまり、GMSはあらゆる業態に消費者を奪われているのだ。日本の小売業態はここ20年ほどの間に大変貌を遂げてきた。それは「大から小へ、さらに無店舗(ネット)へ」という大きな流れだ。


*********** 引用ここまで **********

 

イオンに関しては記事の分析は大まかに正しいと感じていますが、それに合わせて、イオンは品揃えが悪すぎるという感じがします。微妙に必要とするものがなかったり、あっても安いものを仕入れる事を優先するあまり、品質の悪いもので、買おうと思えなかったりなどが多いです。

また、最近の超大型ショッピングモールは大きすぎて普段使いには向いてない構造となっています。車を止めた駐車場の場所からショッピングモール内の目当ての店舗まで10分ぐらいかかるようでは、歩いていくには不便な少し遠い店と変わらない距離感ですからね。それだったら、普段使いの日用品や食料品などを買うには近隣の小規模・中規模スーパーの方が便利なわけです。

ただ、インターネットを介した商売にも欠点はあります。それは何を買っていいかわからない程に選択肢が多く、自分にとって適切な商品が選びにくいという事です。現在は、どんどんと先進的で高機能な商品が出てきていますが、専門家でもない限り、それぞれの商品の違いを把握する事は困難な状況となっています。例えば、エアコンや冷蔵庫、洗濯機などは多機能すぎて、どういう違いがどのように値段に反映していて、その根拠が適切なのか、まったく理解ができない状況です。

その辺りの消費者のニーズをうまくとらえた企業が、今後の経済のカギを握ってくるのではないかと思います。それらの個別の思索については、次以降の記事でフォローしていく予定です。

 

[関連記事・関連情報]

[東京都町田市]ビジネスと安全係数[コストコは安全か?]

 


楽韓Web : 10階建て以下の建物にはスプリンクラーの設置義務なし → マンション火災で多数の死者発生

議政府のマンション火災、スプリンクラー設置されておらず(中央日報)

年明け早々から大型火災が発生した。週末を迎えて自宅で休んでいた住民の被害が大きかった。火事が起きた建物は消防法上のスプリンクラー義務設置対象ではなかったことがわかり、これが被害を拡大したものとみられる。

10日午前9時27分ごろ、京畿道議政府市(キョンギド・ウィジョンブシ)の住居用オフィステルで火災が発生し、4人が死亡、99人が負傷した。負傷者は近くの病院に緊急搬送され治療を受けているが7人は重態だ。(中略)

火災が起きた建物にはスプリンクラーが設置されておらず被害を拡大した。議政府市関係者は、「該当のオフィステルは消防法上の消防設備義務化対象ではなかった」と話した。現行の消防法施行令は11階建て以上の建物にスプリンクラーの設置を義務化している。
(引用ここまで)

「議政府」というのは地名です。同名の地下鉄駅もあったかな。
ここでマンション火災があって、何人かが死亡した……と。


********** 引用ここまで **********

 

上記の記事は韓国の例ですけど、コスト削減のみを主眼にすれば安全係数を削らなければならないのは日本でも同じです。そこで自分が想起したのが、この間訪れたコストコです。

自分が行ったコストコは店舗の上が駐車場になっている形のところなのですが、屋上駐車場に敷き詰められたコンクリートがベコベコに波打つように変形していて、「これ本当に大丈夫なのか?」と心配になった覚えがあります。

そこでグーグル先生に聞いてみたところ、コストコの多摩堺店で、東日本大震災の余波を受けて崩落事故があり、死者まで発生している事がわかりました。自分が訪れたのは東京から群馬に行く途中の時だったので埼玉県内のコストコでしたが、コストコ全体が同様の基準で作られているとしたら、いずれまた崩落事故が起こるのではと考えられます。

 

施工しているのが日本の企業だとしても、コストを限られれば本来かけていた安全係数を削らなければならない事は韓国の状況と変わらないかと思います。より大きな事故が起こる前に、手を打てればよいのですが・・・

 

[関連記事・関連情報]

 

[大阪市中央区]大阪国際音楽フェスティバル赤字補填の顛末

 


 

【大阪】民間出身の大阪観光局長が退任へ……韓流イベントで大赤字 – 政経ch

毎日新聞
———-
大阪観光局が昨年4月に開催した大阪国際音楽フェスティバル(インターナショナルジャズデイ)で約9400万円の赤字を出した問題で、大阪府は加納国雄局長(70)を、任期切れとなる3月末以降、再任させない方針を固めた。加納局長は来年度も事業継続の意思を示していたが、府内部には責任の所在を明確にすべきだとの声が強く、事実上の更迭となる。官民一体で観光客を誘致するため府、大阪市、関西経済界が共同出資して設立し、民間から観光の専門家をトップに起用したが、組織統治の面で課題を露呈した形だ。

府は7日、続投させない方針を関係者に伝えた。今後、市、経済界と協議して後任の人選を進める。加納氏は8日、毎日新聞の取材に対し、「任期を全うしたい」とコメントした。

関係者によると加納氏は赤字見通しが判明した昨年6月の実行委員会の会議でも、「大阪の知名度は向上、成果が上がった。事業を継続したい」と主張。府を通じて文化庁に提出した事業計画書では2015年度も「ジャズデイのアジア版を開催し、アジアの実力派アーティスト数人を招待する」としていた。しかし観光局は昨年末、計画打ち切りを府や文化庁に伝えた。

観光局は松井一郎知事、橋下徹大阪市長、関西経済3団体のトップが合意して13年4月に設立。米銀行駐日代表や香港政府観光局日本・韓国地区局長などを歴任した加納氏が初代局長に就いた。局長の任期は1年ごとの更新で、加納氏は2年目。【以下略】
———-
http://mainichi.jp/select/news/20150109k0000m040148000c.html

読売新聞から補完
———-
昨年4月に大阪市内で開いた「大阪国際音楽フェスティバル」では、韓国の旅客船沈没事故の影響で人気韓国人歌手のライブが中止になるなどして約9400万円の赤字が発生。保険などの対策を取っておらず、加納氏がうち約2700万円を個人で負担した。
———-
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150109-OYT1T50109.html


********** 引用ここまで **********

 

というか、これ財源が文化庁補助金、つまり税金から2億4千2百万円ぐらいを投入しているわけでしょ。(大阪府HP:大阪国際音楽フェスティバル事業負担金より) 文化庁が一度出した補助金を返せとは言わないでしょうし、それで9千4百万円赤字という事は、総支出が3億3千4百万円ぐらいの計算ですかね。

出演者が、防弾少年団(韓国)、超新星(韓国)、盧 廣仲(台湾)、一青 窈(日本:台湾ハーフ)で、日本で人が呼べるように思えない面子。元々お金を回収できる状況じゃないでしょ。
韓国の面子は韓国政府からも補助金が出るのでしょうから、金もそれ程使わなくても出演させられそう。
会場が大阪城西の丸庭園 特設ステージという事で、会場設営には多少はお金を使うだろうけど、大阪市管理の場所だから、地代は金がかからない。

ぶっちゃけ3億3千4百万円どころか実質は1億円使わなくても開催できそうに思えます。2億円ぐらいは色々な所に無駄に消えてそうですねえ。2700万円損失補填なんて大して痛くないだろうなあという内情を普通に想像できますよ。

 

自分自身はやりたいとは思わないですけど、国や地方行政からお金をもらって適当にばら撒けばいい天下りポストとかって、本当ウハウハなんでしょうねえ。

 

 

[関連記事・関連情報]

[派遣]同一労働・同一賃金は別方向からの共産主義アプローチか?

 


 

竹中平蔵氏「正社員をなくしましょう」「全員を正社員にしようとしたから大変なことになった」・・・朝生で非正規雇用について熱弁 – 政経ch

1日放送の「朝まで生テレビ!元旦スペシャル」(テレビ朝日系)で、竹中平蔵氏が非正規雇用について論じた。

同番組は、「激論!戦後70年日本はどんな国を目指すのか!」と題し、田原総一朗氏や出演者が生放送で討論を繰り広げる。

番組中盤になると、出演者は「改正派遣法の是非」を議題として、現状の派遣労働者や非正規雇用の地位についてそれぞれの意見を述べた。

その中で竹中氏は、労働省が実施した派遣に対する調査を例に上げ、正社員に変わりたい人と非正規のままでいいという人では、非正規のままでいいという人の方が多い、という調査結果を紹介した。

また竹中氏は、派遣雇用が増加した原因について「日本の正規労働ってのが世界の中で見て異常に保護されているからなんです」と述べ、整理解雇の4要件について触れた。

さらに竹中氏は、同一労働同一賃金について「(実現を目指すなら)正社員をなくしましょうって、やっぱね言わなきゃいけない」「全員を正社員にしようとしたから大変なことになったんですよ」と、日本の問題点を指摘した。

http://news.livedoor.com/article/detail/9634197/


********** 引用ここまで **********

 

>その中で竹中氏は、労働省が実施した派遣に対する調査を例に上げ、正社員に変わりたい人と非正規のままでいいという人では、非正規のままでいいという人の方が多い、という調査結果を紹介した。

 

正社員をやっている人に聞けば、「正社員のままが良い」という意見が圧倒的多数を占めると思います。こういうお粗末な詐欺的発言をするから、発言全体に信用が無くなるわけです。

本来は真逆な主張なはずなんですけど、なんとなく雇用流動化や同一労働同一賃金を唱えるのって、劣化共産主義じみてきたような印象を受けますね。

 

[関連記事・関連情報]

 

[広島県安芸太田町]ボランティアというダンピング行為で経済が縮小する

 


 

痛いニュース(ノ∀`) : 【募集】 5,000円で雪かきしませんか! 安芸太田町観光協会 – ライブドアブログ

 

1ぶち熱く雪かきします隊員募集!豪雪地帯のお年寄りに愛の手を
安芸太田町観光協会が、「広島県有数のスキー場を有するほどの豪雪地帯」に住む お年寄りを助ける「ぶち熱く雪かきします隊」隊員を募集しています。バス代や食事代、保険代、雪かき道具代、入浴料などがかかるため、参加するためには5000円の費用がかかりますが「我こそは!」という方はぜひお問い合わせを。
http://tabetainjya.com/archives/cat_3/post_3837/

********** 引用ここまで **********

 

ボランティアというものは、その分野で真面目にビジネスを立ち上げようとしている人間にとってみれば、不当に価格を抑えて受注し他の企業を潰そうとする悪質なダンピング行為に他なりません。

ビジネスが回らない規模のニッチな分野をボランティアで埋めようとするのならともかく、必ず毎年それなりの規模で需要が見込める分野をボランティアで埋めようとするのは、社会経済にとってもマイナスとして働くことになると思われます。

このイベントに関しては観光協会主催ということで、行政が直接行っているわけではなく、また規模も小さいため、雪かきをさせる事自体が目的ではなく、あくまでイベントのネタにしているだけかもしれませんが、あまり良い印象は受けませんね。