起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[異常者への対処法]コリアン・リスクがイケアを直撃

[異常者への対処法]コリアン・リスクがイケアを直撃


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 

【反日企業イケア】韓国の協力を得て「東海呼称キャンペーン」全世界展開を発表したIKEA「韓国さんの記事はまちがいです。誰か助けてください」:Birth of Blues

【ソウル時事】ソウル近郊の光明市に18日に韓国1号店がオープン予定のスウェーデン家具大手イケアは4日、英語で「SEA OF JAPAN(日本海)」と単独表記され、韓国で非難を浴びていた装飾用の壁掛け地図の販売を来年から全世界で終了すると発表した。


********** 引用ここまで **********

 

いわゆる“偏執的な性向のある異常者”を相手にする場合、一番行ってはいけないのが、その場その場に応じて適当に対応するという方法です。

端からみると、相手は馬鹿にしか見えないかも知れませんが、記憶力が無いわけでも考える力がないわけでもありません。そういう相手に対して、適当に対応してしまうと、その対応を根拠にして揚げ足を取られ、更に詰め寄られる事になります。“偏執的な性向のある異常者”というのは、一度思い込むと訂正が聞かず、更には同じ事を繰り返す事を苦と思わない傾向もありますので、一度でも弱みを見せると、常人では根負けしてしまうレベルで執拗に同じ事を持ち出してくるのです。

その為、こういった相手に対応する場合は、いちいち相手の感情に付き合うのではなく、自分達の主張のきちんと決めておき、原理原則から外れない対応をしなければいけません。

 

この、イケアの件に関していえば、変に韓国人に迎合するような対応をせず、「IHOに準拠したものを売っています」程度に答えて余計なことを言わなければ良かったのです。しかしイケアは韓国人・コリアンという国家レベルで国民に反日洗脳教育を行っていて、日本が関わると“偏執的な性向のある異常者”と化す集団に対して、もっともまずい対応をしてしまいました。もうイケアは韓国で商売をする限り、韓国人の感情を最優先して動くしかなくなってしまったのです。

 

こうなってくるとイケアの日本展開へも、大きな影響が出てくるでしょう。韓国への忌避感情が大きくなっている昨今、この事を知っている日本人ならば、なるべく韓国人の感情の奴隷と化したイケアを避けようと考えるでしょうね。

 

[関連記事・関連情報]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です