起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

ヘルパー1・2級や介護福祉士など介護職が求人情報を選ぶ為のチェックポイント

ヘルパー1・2級や介護福祉士など介護職が求人情報を選ぶ為のチェックポイント


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

【なぜ介護職は給料が低いのだろうか?】

日本社会が急速に超高齢社会に向かう中で、必然的に需要が増大しているヘルパー2級や1級、介護福祉士なども介護職ですが、これらの仕事は給料が大変低いことでも知られています。

それはなぜなのでしょうか?

普通は需要が増えればその人材を確保するために給料が上がるはずですが、現状ではそうはなっていません。なぜかというと、現状の医療保険制度・介護保険制度の下では、提供するサービスによって、それぞれの病院など医療施設や老健など福祉施設が、どの程度収入が得られるかは決まっており、支払える賃金もそれによって必然的に上限が出てくるからです。

また、業務内容的にも看護師などの業務の一部的な事を負担する内容となっており、その辺りからも給料上限は決まってしまうという事はあるでしょう。

しかし、介護職にも良いところはあります。それは仕事自体は見つけやすく、働く場所を探しやすいことです。

 

⇒ 給料情報がわかる介護職の求人情報サービスはこちら

 

 

【介護職の仕事探しで気を付けなければいけない事】

「仕事はお金の為だけにするのではない」こんな言葉を聞いたことはありませんか?

もし貴方が、これから介護関連の仕事を探そうとしているのであれば、こんな言葉には惑わされない事をお勧めします。この言葉を発しているのは大抵、「どこそこの会長」とか「どこそこの社長」とかいう人種です。

つまり、貴方や他の従業員に払う給料金額が少なければ少ないほど儲けることができる人達が、貴方達を洗脳するために発している言葉です。介護や福祉の仕事は人助けという事で綺麗事的な言葉に誘導されてしまう人が多いかもしれませんが、他人の言葉は気を付けて聞くようにしましょう。立ち位置が違えば、同じ内容の言葉でも違う意味合いを持ってくるものです。

 

⇒ 給料情報がわかる介護職の求人情報サービスはこちら

 

 

【キャベツの値段と貴方の値段】

今日の晩御飯で野菜炒めをしようとしてキャベツを買う場合、いつも128円でキャベツが売っているのに、その日だけ198円とかになっていたら「今日はほかの店で買おうかな」とか考えませんか?

たった70円の違いでも、自分から出ていくお金には細かく気を配るのが普通です。しかし、仕事探しで給料金額が「基本給14万円~26万円」とか書いてあっても、それほど深く考えず応募してしまう人がたくさんいるのは不思議な事です。買い物ではたった数十円ですら気にするのに、数万円から数十万円の給料金額の幅を平然と見過ごしてしまうのは、本来、非常に危険な行為です。

このウェブサイトを見ているような人なら、もう利用はしているかもしれませんが、現在ではインターネットを介して求人情報を見ることができるサービスは非常に充実しています。その中には「月給14万円~26万円」などという曖昧なデータではなく、「貴方がこの介護施設で働くとずばり○○万円」と教えてくれるような、就職サポートサービスもあります。

もし、真剣に就職先・転職先をお探しなら、下記のような求人情報サービスや就職サポートサービスを利用してみたらいかがでしょうか?

 

⇒ 給料情報がわかる介護職の求人情報サービスはこちら

 

 

« »

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です