起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

ご案内

ジャパンガイド・ドット・ビジネスの概要

日本の地域別に起業や就職に関連性の深い情報を取り上げていきます。

地図
(この地図は後で)

【県民性から見るビジネスチャンス・備忘録メモ】

北海道:おおらかでこだわらないが基本。
青森県:早寝早起き真面目な働き者だけど稼ぎは東京の半分。
岩手県:寡黙で堅実。流行に流されにくい。
宮城県:伊達男の地。他人と違う事をしたい、でも都会の真似をするのは御免です。
秋田県:酒豪遺伝子日本一。美容院・理容院も日本一で髪には気を使う女性多し。
山形県:コツコツ倹約の正直者。しかし冠婚葬祭は派手目。
福島県:ならぬものはならぬの正しきを好む人多し。
茨城県:怒りっぽい、理屈っぽい、骨っぽい。返せない借金はしない。
栃木県:淡白で目立たず、波風立てず。交通事故死亡率高い。
群馬県:ギャンブル・娯楽費に使う金額多い。車好き。
埼玉県:他県出身者が多い埼玉都民。旅行・外食好き。
千葉県:プライドはあるけれど思想・資質・モラルが薄い。
東京都:負けず嫌いで見栄っ張り。持ち家比率低い。不健康な生活習慣多い。
神奈川県:流行に敏感、外見磨きに金を惜しまず。高いパソコン普及率。
新潟県:粘り強い努力家ぞろい。清酒消費量全国一。うつ病多い。
富山県:しっかり貯め込む強いマイホーム志向。教育関心度高い。
石川県:品が良く美にこだわる。公務員志向。図書館数・書籍販売数高い。
福井県:貯金好きだけどここ一番はド派手。社長排出率高い。ワーキングウーマン多い。
山梨県:無駄を嫌う商人気質。強い郷土愛。アイディアマンで多くの財界人を輩出。
長野県:真面目・堅物で理屈っぽく議論好き。勉強好きで図書館数多い。
岐阜県:オシャレだけど財布の紐は硬い。外国語学ぶ比率高い。
静岡県:開放的でおおらか。新しいもの好き。楽しい誘惑に弱い。
愛知県:土地を離れず保守的で愛郷心強い。無駄遣いを嫌い貯金傾向強い。
三重県:おっとりとした正直者。暴力は嫌い。堅実で信用第一な商売展開。
滋賀県:損得勘定好きな商売人。お金遣いはあるだけ使う。
京都府:どっちともとれる言葉遣いに干渉しないが基本の人付き合い。
大阪府:人懐こくせっかち。自己主張が強いから何でも食べれる大衆食堂が多い。
兵庫県:好奇心旺盛。値段ではなくセンスで選ぶさりげないオシャレさん。
奈良県:おおらかだが人間関係重視で冠婚葬祭費多い。50%は奈良府民。
和歌山県:堅実な倹約家と冒険心の同居。方言に敬語が無いから表情身振りが重要。
鳥取県:引っ込み思案だが強風豪雨に鍛えられ忍耐強い。外食・娯楽費少なく家庭人。
島根県:日本一の超高齢化社会。家柄格式重んじる人が多い。神様のいる出雲の国。
岡山県:交通要所で多数の起業家を輩出。目先が聞き合理的な人が多い。
広島県:熱しやすく冷めやすい大雑把な人。海外含めて移住多いが郷土愛強い。
山口県:自分の意見・判断に従って生きる。二人寄れば天下国家を論ずる土地。
徳島県:損得重視で抜け目がない。ビジネスへの関心高く女性社長も多い。
香川県:温和で人好き。何でもそつなくこなす。あと、うどん。
愛媛県:バランス重視のほどほど主義。陽気で社交的だが淡白な面も。
高知県:酒と議論が大好き。離婚率高く、病院が繁盛する短命県。
福岡県:喧嘩っ早く、男も女も外で豪快、家ではもっと豪快。祭り好きで仕事嫌い。
佐賀県:質実剛健で働き者。ゴミの排出量が全国で一番少ない。
長崎県:娯楽費低くお金のかからない映画やレクを好む。個人主義で積極性に欠ける。
熊本県:純粋で正義感強く人が良い。しかし誰もが大将気取りでまとまらない事も。
大分県:利己的で協調性のなさを利用した一村一品運動が成功。温泉源泉多い。
宮崎県:のんびりと楽天的。仕事はほどほどでお酒とギャンブルが好き。
鹿児島県:九州男児の本場。郷土意識強く警察や自衛隊など人脈を頼った出世多い。
沖縄県:女系社会的助け合い。長寿社会ながら出生率も高い。時間にはこだわらず。


色々地域別の県民性などメモしてありますけど

血液型性格診断と同じで、科学的な正確性などまったくない、何の根拠にもならないデータです。
しかし、他の人に読まれる文章を書きたいという場合、大事なのは興味を持ってもらえるかどうかであり、読んでもらえるかどうかは一般的に「科学的正確性が高いかどうか」よりも「物語性が高いかどうか」がポイントとなります。
そしてキャラクター性がきちんと決まっているかどうかは物語性の完成度に大きくかかわってくるわけです。そんなわけで備忘録的に上記がまとめてありますが、上記内容をそのまま真に受けないようにした方がいいでしょう。
Aという属性の人はBという特徴を持っています。と言われれば、その人にBだけではなくCやDという特徴が同じぐらいあっても、Bばかりに注目し「本当だBという特徴が多いんだ」と勘違いしやすいものです。
県民性などという話も、その類の話だと思っていた方が無難ではあります。