起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

政治

[マスコミ]自身の意見が日本国民とは乖離している事を認めた朝日新聞

 


政経ch – 【朝日新聞】 「この国民にして、この政府…ごり押しと混乱の永田町を眺めつつ思う。私たちはこのレベルか」~天声人語

天声人語

ユーモアの奥底に真実がひそむことがある。終戦から間もないころ、吉田茂首相は国内の食糧不足量を多く見積もりすぎてマッカーサー元帥に文句を言われたそうだ。すかさず「日本の統計が正確だったら、戦争に負けていませんよ」と切り返して言い逃れたというから、この人らしい

▼「正確なら負ける戦争など仕掛けなかった」といった意味合いだったろう。記憶の底でホコリをかぶっていた逸話が、きのうの本紙オピニオン面を読むうちに浮かび上がってきた

▼東大教授の岡崎哲二さんによれば、金属・機械・化学各工業の統計が日米開戦の2年前から「秘」扱いになった。つまり国力の基本的な情報を一般国民には秘したまま、開戦は決断されたのだという

▼工業統計だけでなく、様々に目隠しをされたまま国策が決まった時代。どこへ連れて行かれるのか分からない人々の不安は想像できる。結局、相手の物量に対抗するためにおびただしい人命を注ぎ込んで、戦争は終わった

国民は自分たちのレベルに見合った政府しか持ちえないという。英国の歴史家カーライルは「この国民にして、この政府」と警句を残したそうだ。ごり押しと混乱の永田町を眺めつつ思う。私たちはこのレベルか。もう少しましな政治が持てそうなものだが

▼秘密法案の強行成立を、与党は譲らない。「決められない政治」に懲りて自民党に衆参で多数を与えた。その結果がこれでは、一票を悔やむ人は多いだろう。不信感の統計は膨大に違いない。


 

********** 引用ここまで **********

 

かつて日本を壊滅の危機に追い込んだ民主党に所属する大畠氏が「マスコミもこぞって秘密保護法案反対の声を上げている。後は国民のみなさんの声をあげてください」などとマスコミが偏向報道でプロパガンダを行い日本国民を洗脳しようとしている事を公然と発言し唖然とした事がありましたが、この引用記事でマスコミの一角である朝日新聞もそれを裏付けた格好になります。

朝日新聞の意見とは異なる民意が示されたとたん日本国民はレベルが低いといいだすとは、あきれますね。

更には与党の自民・公明だけではなく野党の維新・みんなも事前協議に参加し内容を調整した上で採決を取って、衆院394/480(82.0%)、参院161/242(66.5%)の賛成があるのに強行採決を連呼しているわけですから、もう捏造報道といって良い状況です。

これまで自分達は日本国民の代弁者的な態度で、記者クラブ制度などを含む数々の特権を獲得してきたマスコミですが、事実が異なるのであれば特権を維持させる意味はありません。マスコミへの対応を見直す時期が来ているのだと思います。

 

【追記】ちなみに民主党政権下における中国漁船衝突映像流出時の朝日新聞の意見はこちら

********** 引用ここから **********


振り返ると朝日新聞の社説はこう書いていた。「仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだとしたら、政府や国会の意思に反することであり、許されない」毎日新聞もこれと同工異曲で、「国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』でもある」。と決めつけている。《産経新聞阿比留瑠比の極言御免より引用》


********** 引用ここまで **********

 

恐ろしいほどの二枚舌・ダブルスタンダードですねw

 

 

[関連記事・関連情報]

[政治とビジネス]逆風の中を前に進む方法とは?

 


【悲報】海江田牧場長が指摘!「安倍首相は言葉が軽い」「独裁者」「不要、不急の公共事業がめじろ押し」 衆院代表質問始まる|保守速報

安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が16日午後、衆院本会議で行われ、衆参両院のねじれ解消後初の本格論戦がスタートした。

最初に質問に立った民主党の海江田万里代表は、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題や政権の経済政策などを政府の対応を追及した。

海江田氏は汚染水問題に関し、首相が国際オリンピック委員会(IOC)総会で「状況はコントロールされている」と発言したことに「言葉が極めて軽いと言わざるを得ない」と批判。

首相が「意志の力」と繰り返した所信表明演説を聞いて「独裁者」を思い出したと指摘、「この国をどの方向に導きたいのか方向性は明示されていない」と断じ、対決姿勢を鮮明にした。

また、来年4月の消費税増税に備えた経済対策を「不要、不急の公共事業がめじろ押しになる」とし、社会保障と税の一体改革は、社会保障を置き去りにした改革に「変質しつつある」と指摘した。

地域を限定して雇用などの規制緩和を促進する国家戦略特区については「働く者を使い捨てにする企業を大量生産する『解雇特区』など断じて認められない」と訴えた。

首相が外交・安全保障政策で掲げる「積極的平和主義」に関しては 「平和主義という日本のブランドを壊す可能性がある」と批判を強め、 集団的自衛権行使や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)についても説明を求めた。

海江田氏に続き、自民党の高村正彦副総裁、日本維新の会の石原慎太郎共同代表が質問する。


 

********** 引用ここまで **********

 

現在の民主党は大変強い逆風の中にいます。

上記のような批判を自民党政権に対して行っていますが、民主党自身が政権与党だった時代に、福島原発を爆発させ、TPP交渉参加を決め、自国産業の離散を招く円高政策を行った事もあり、ほとんどの批判は自身へのブーメラン攻撃として自分自身へ突き刺さる結果となっています。(最近は、自分たちが政治的虚偽表示で日本国民を騙した事を棚に上げ、食品の虚偽表示に対する対応で自民党を批判するとか、投げる前から自分自身にブーメランが突き刺さっているという器用なことまでやっていますね)

普通はこのような逆風の中を前に進むのであれば、帆船を例えにすると風上に対してまっすぐ突っ込むのではなく、船体を風上に対して斜めに向け、帆も風上に対して斜めに張り、うまく風を受け流しながら推力を得ようとするものです。政治でも同様のことが言えます。

たぶん、こういう理屈がわかっている民主党構成員もいるとは思いますが、彼らは頑迷に風上に対してまっすぐ突っ込んでいくように見えます。なぜでしょうか?

それは、民主党という船に乗っている船長が進路を決めているのではなく、外からの指示で進路が既に決まっており、民主党の船長自身にはほとんど進路を決める権限がないからだろうと思われます。自分で進路を決める権限があるなら、さすがにこんなバカな進路取りはしないでしょう。

もはや周知の通り、彼らのバックにいるのは北朝鮮&韓国などの勢力です。反日を国是とするそれらの国からの指示が「とにかく現政権与党である自民党に反対し、日本の活動を妨害しろ!」的なものとなっており、その結果として民主党の無謀ともいえる逆風への正面突破戦法となっているのではないかと思われます。

 

[関連記事・関連情報]

[中国]言う事を聞かなければ民間人を大量虐殺すると言える神経

 


 政経ch – 中国軍の杜大佐 「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす。領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」

国籍不明の無人機が領空侵犯した際の対処方針策定を日本政府が進めていることを受け、中国軍のシンクタンク、軍事科学院の杜文竜研究員(大佐)は「日本が中国軍の無人機を撃墜すれば戦闘行動とみなす」との見解を示した。共産党機関紙、人民日報のウェブサイト「人民網」が24日伝えた。

(中略)

その上で「(東シナ海を飛行する中国軍の無人機を撃墜すれば)この領空に侵入してきた日本の航空機などを全て撃ち落とす」と強調。


********** 引用ここまで **********

 

この発言の内容は要するに、「自分たちのいう事を聞かなければ民間人を大量虐殺する」という事に等しいわけですけど、そういうことであると理解できるだけの頭の無い人間が軍のシンクタンクにいるというのが、ある意味恐ろしいレベルの喜劇になっています。

しかも日本の航空機だからと言って、日本人だけが乗っているわけじゃないと思うのですが、その辺りにもまったく気づいていなさそうです。

 

かなりの昔にはなりますが、かつては文化の先進国であったのに、なぜ中国は、これ程の無能を呈するまでに劣化してしまったのでしょうね。

 

[関連記事・関連情報]

[福島県原発事故]安倍晋三首相に対する悪意ある情報拡散に違和感を覚えます

 


【画像】安倍晋三、フル装備防護服で福島入りwww

abesinzou001

 

 

 

 

 

 


********** 引用ここまで **********

 

この写真を持って、かつてのフルアーマー枝野氏と同様の事をしたような印象を与えようとする記事を、現在ネットのあちこちで見かけます。写真の切り出し方、および情報の伝え方に大きな悪意を感じますね。


abesinzou002

 

 

 

 

 

 

 


こちらの別角度からの写真を見ればわかりますが、かつてフルアーマー枝野氏が福島原発の20㎞圏内に入る時、他の人が簡易マスクしか付けていない中、一人だけ完全に防護服を着こんでいたのと違い、安倍晋三首相は福島原発構内の汚染水漏れを起こした汚染水タンク を視察するのに、ほかの人と同様の防護服を着ていただけなわけです。

情報を歪曲してまで叩く心性は、自分には理解できないですね。

 

[政治と経済]参院選での要点をまとめてみた

 


【参院選】有権者の本音は? 「景気」「消費税」「子育て」「高齢化」「雇用」を聞く+(1/2ページ) – MSN産経ニュース

「争点なき選挙」と言われた参院選。だが、景気、消費税、子育て、高齢化、雇用など国民の暮らしに直結して対応が急がれる政策は多い。投票日前日となった20日、東京都内でテーマごとに有権者の意見を聞いてみた。


********** 引用ここまで **********

 

今回の政治の争点は多々ありますし、景気回復に関してだけ話そうと思っても様々な要因が絡んでいて(例えば国防なども景気には関係する)一言では言いにくいのですが、あえて日本国を一つの家庭(お父さんが働き、お母さんは専業主婦、子供たち複数人)に例えて、ものすごくおおざっぱにまとめると、

(※各党の主張や流れているニュースから自分が受けたイメージです)

 

自民党など保守系:まずはお父さんの稼ぎを増やしましょう。泥棒に狙われているので防犯対策もします。家屋が老朽化した部分がある為、そちらにも対処しないといけません。

民主党・共産党・社民党など左派系:みんなの小遣いを増やします!その為の財源はどこかで埋蔵金を掘り当てます!泥棒なんているわけありません。むしろ自分たちが泥棒なので、相手に要求されたら謝罪をして渡さなければいけません!

維新など:お父さんはこれから会社勤めから自由契約になります。実力さえあれば稼げます。武器を持った泥棒がきても話し合いで何とかなるはずです。

 

ぶっちゃけ、選択肢がないです。

「一度やらせてみてください」と言われてやらせてみて、「実際にやらせたらどうなっちゃうのか」というのがよく分かってしまったというのが非常に大きいですね。

 

[関連記事・関連情報]