起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[マスコミ]自身の意見が日本国民とは乖離している事を認めた朝日新聞

[マスコミ]自身の意見が日本国民とは乖離している事を認めた朝日新聞


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


政経ch – 【朝日新聞】 「この国民にして、この政府…ごり押しと混乱の永田町を眺めつつ思う。私たちはこのレベルか」~天声人語

天声人語

ユーモアの奥底に真実がひそむことがある。終戦から間もないころ、吉田茂首相は国内の食糧不足量を多く見積もりすぎてマッカーサー元帥に文句を言われたそうだ。すかさず「日本の統計が正確だったら、戦争に負けていませんよ」と切り返して言い逃れたというから、この人らしい

▼「正確なら負ける戦争など仕掛けなかった」といった意味合いだったろう。記憶の底でホコリをかぶっていた逸話が、きのうの本紙オピニオン面を読むうちに浮かび上がってきた

▼東大教授の岡崎哲二さんによれば、金属・機械・化学各工業の統計が日米開戦の2年前から「秘」扱いになった。つまり国力の基本的な情報を一般国民には秘したまま、開戦は決断されたのだという

▼工業統計だけでなく、様々に目隠しをされたまま国策が決まった時代。どこへ連れて行かれるのか分からない人々の不安は想像できる。結局、相手の物量に対抗するためにおびただしい人命を注ぎ込んで、戦争は終わった

国民は自分たちのレベルに見合った政府しか持ちえないという。英国の歴史家カーライルは「この国民にして、この政府」と警句を残したそうだ。ごり押しと混乱の永田町を眺めつつ思う。私たちはこのレベルか。もう少しましな政治が持てそうなものだが

▼秘密法案の強行成立を、与党は譲らない。「決められない政治」に懲りて自民党に衆参で多数を与えた。その結果がこれでは、一票を悔やむ人は多いだろう。不信感の統計は膨大に違いない。


 

********** 引用ここまで **********

 

かつて日本を壊滅の危機に追い込んだ民主党に所属する大畠氏が「マスコミもこぞって秘密保護法案反対の声を上げている。後は国民のみなさんの声をあげてください」などとマスコミが偏向報道でプロパガンダを行い日本国民を洗脳しようとしている事を公然と発言し唖然とした事がありましたが、この引用記事でマスコミの一角である朝日新聞もそれを裏付けた格好になります。

朝日新聞の意見とは異なる民意が示されたとたん日本国民はレベルが低いといいだすとは、あきれますね。

更には与党の自民・公明だけではなく野党の維新・みんなも事前協議に参加し内容を調整した上で採決を取って、衆院394/480(82.0%)、参院161/242(66.5%)の賛成があるのに強行採決を連呼しているわけですから、もう捏造報道といって良い状況です。

これまで自分達は日本国民の代弁者的な態度で、記者クラブ制度などを含む数々の特権を獲得してきたマスコミですが、事実が異なるのであれば特権を維持させる意味はありません。マスコミへの対応を見直す時期が来ているのだと思います。

 

【追記】ちなみに民主党政権下における中国漁船衝突映像流出時の朝日新聞の意見はこちら

********** 引用ここから **********


振り返ると朝日新聞の社説はこう書いていた。「仮に非公開の方針に批判的な捜査機関の何者かが流出させたのだとしたら、政府や国会の意思に反することであり、許されない」毎日新聞もこれと同工異曲で、「国家公務員が政権の方針と国会の判断に公然と異を唱えた『倒閣運動』でもある」。と決めつけている。《産経新聞阿比留瑠比の極言御免より引用》


********** 引用ここまで **********

 

恐ろしいほどの二枚舌・ダブルスタンダードですねw

 

 

[関連記事・関連情報]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です