起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

九州地方

[佐賀県]いじめの無い職場を見つける方法

 


職場のいじめ・嫌がらせ361件 佐賀県内の労働相談 [佐賀県] – 西日本新聞

相談の内訳で特徴的なのが、「解雇」に関する相談の減少。12年度308件で前年度比31件減。本年度も約60件と、前年度を下回るペースだ。

これに対し、「いじめ・嫌がらせ」は12年度361件、本年度約120件で、11年度以来、トップが続いている。


********** 引用ここまで **********

 

必ずしも解雇をさせるためにいじめが発生するわけではないですから、解雇といじめを同列で語っても意味がないと思います。しかし人が足りないなら、普通は人が辞める原因となりうるいじめ等の問題は出来る限り発生を避けるものですから、注目すべきニュースではあります。

どちらかというと地方と目される佐賀県で、いじめが減少傾向にないという事は、いまだに働く場所が潤滑にない地方が多いという事ではないでしょうか?首都圏や大都市圏ではどうなっているのか比較してみたいですね。

 

肝心の「いじめの無い職場を見つける方法」ですが、どれだけ求人情報を眺めても会社側で「自分のところはいじめがあります」的な情報を提示するような事はありませんので、結局は実際に就職しようとする企業で働いている人、あるいは働いていた人から情報を収集するしかないでしょう。しかし、直接そのような人を探すのは個人では難しいものです。目当ての企業から出てくる人を捕まえて手あたり次第に「この会社っていじめはありますか?」なんて聞けませんしね。

無難な線では、求人を斡旋している求人情報サービス等を利用するのがよいでしょう。対象企業や状況にもよりますが、そういった求人情報サービスなどでは、どうしてその企業で退職者がでるのか等の情報も掴んでいる場合がありますし、直接対象企業に聞くわけではないので、聞きやすいという利点があります。

 

[関連記事・関連情報]

[鹿児島県]鹿児島県のキャラクター商品

 

 

鹿児島黒牛のキャラクター“ギュージンガー・ブラック”

黒牛ヒーロー「ギュージンガー・ブラック」のおむすび 九州のファミマで発売!

ファミリーマートは、JA 鹿児島県経済連の『鹿児島黒牛』を具材に使用したおむすび「金芽米 鹿児島黒牛の黒胡椒炒め」を、4月23日に発売する。九州地方の店舗(福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、山口県の一部)限定で、価格は178円。

(中略)
パッケージには、鹿児島黒牛のキャラクター“ギュージンガー・ブラック”をデザイン。

参照記事URL=http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/entabe/2013/04/post-373.html

********** 引用ここまで **********

 

昨今はどこもかしこもキャラクター商品があふれている。

パッケージを変えるだけで、ほとんどコスト増もなく、高い価値のある商品として展開できるという価格的な利点と、一目で他の商品との差別化が図れるというブランド価値的な利点はわかるのですが、なんだか安易にキャラクターを付ければOKという風潮に流されすぎて、逆に売る気がないだろ的に思えてしまう商品やキャラクター付けもちらほら見られるのも現状。

これから暑くなる時期、食い物にマッチョキャラか・・・

ネタ的に話題にはなるかもしれないのですけど、実際に売るとなるとどうなのでしょう?

まあ、一個や二個の企画がコケても、一つでも当たれば儲けものという経営姿勢も、それはそれで一つの方法ではあります。独自キャラなら版権料もいらないという事もあるし、やるだけやってみようという試みなのでしょうね。

また、個々の企業がどうこうという前に、日本では「絵を描くクリエイターが供給過多になっていてイラスト料金が暴落している」という社会状況も関わっていそうではあります。

[関連記事・関連情報]