起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

サービス

[就職面接の決定打]手軽に出来る営業・販売の実地体験「アフィリエイト」

 

 

【どんな企業に就職するのにも役立つ技能】

様々な職種の仕事、様々な業種の企業がありますが、どんな職場に行くのであれ役立つ技能というのが営業や販売の技能です。

「自分は開発部門への就職だから関係ない」「自分は会計部門志望だから関係ない」などと思う人もいるかもしれませんが、開発を開始する為、上司や社長に許諾を得るためのプレゼンテーションや、会社の財務関連のデータを周知徹底するなどは、それぞれ一種の社内営業活動であり、その為に必要な技術は流用が効くものです。

そしてインターネット全盛の現在、その営業や販売の技術を実地で学び研鑽できる簡単な方法があります。その方法こそが商品をインターネット上で広告宣伝し、実績に応じて対価を得るアフィリエイトサービスなのです。

 

⇒ アフィリエイトはエーハチネット

 

 

【無料どころかお金を貰えて学べる学校です】

販売や営業の経験はアルバイトでも出来ると思うかもしれません。しかしアルバイトは基本的に指示されたことをやるだけであり何の裁量権も持っていません。

しかしアフィリエイトサービスの利用は、基本的にどのように販売・営業を進めるかは自分で考えるもので、ほとんどすべての裁量権は自分自身にあります。学生の間でも可能な人生経験の中において、これほどの権限的な自由度を持ち、かつ時間的制約的な自由度も高い為に学業の妨げにもなりにくいという活動はないでしょう。更には勉強する為のお金を払うどころか、成果に応じて逆にお金を貰えてしまうのです。

 

⇒ アフィリエイトはエーハチネット

 

【就職面接で「私は100台の自動車を販売した経験があります」と言える強さ】

グローバル化による国際的な競争の激化で現在、企業間の競争も熾烈を極めており、どの企業も即戦力を求めているのが現状です。昔のように何も知らない若者を10年かけて一人前にするような時代ではなくなりました。その為、今現在、就職採用において一番大きく人事担当の心を射止めるのは実績です。

しかし、社会人の転職ならともかく新卒採用ではなかなかアピールできるような実績を得るのは難しいでしょう。「部活動に頑張りました」「ボランティアを体験しました」程度では、大したアピールにはなりません。

ですから、「100台の自動車を販売した経験があります」「100人の生命保険契約を成約に導きました」などの実績をアピールできる可能性のあるアフィリエイトサービスの利用は、非常に有効な就職採用攻略ツールになるのです。

就職面接における“決め手”が欲しいのなら、これほど有効な方法はないかと思います。

 

⇒ アフィリエイトはエーハチネット

 

 

短期でも高収入が稼げるアルバイト・パートを見つける方法

 

【アルバイト・パートが人手不足な理由】

社会的な不安が高まれば高まるほど、人間というものは出来るだけ安定した生活がしたいと思うものです。現在は外国との関係や世界的な経済状況が不安定なこともあって、特にその傾向は強くなっていると思います。

そしてアルバイトやパートという仕事形態は、「安定」とはもっともかけ離れた仕事形態です。

当然の事ながら、どれだけ需要があってもアルバイトやパートよりは正社員の方が良いという人の方が多くなりがちですし、実際にそうなっているのが現状でしょう。その為、現在のアルバイト・パートの求人市場は、常に人手不足に悩まされています。

 

⇒ アルバイト・パートの求人情報サービスはこちら

 

 

 

【短期で高収入なアルバイトを“自分で見つける”という考え方が間違っている】

では、人手不足だから高収入のアルバイトやパート、短期で稼げるアルバイトやパートがたくさんあるかというとそうでもありません。給料が高ければ高いほど、人気が出て、すぐに求人枠は埋まるものですので、結局貴方が仕事を見つけたいと思う頃には目ぼしい高収入アルバイトや高額パート、短期で稼げる仕事などは無くなっている事でしょう。

実の所、膨大なアルバイト・パート案件の中から「自分で見つける」という時点で、勝負に負けているのです。

高収入なアルバイトやパート、短期で稼げる仕事などを即座に見つけたい人は、自分がどのような条件で働きたいかを最初に提示すれば該当するアルバイトやパートを即座に提示してくれる求人情報サービスを利用するのが、もっともスマートなやり方です。出来るだけ労力をかけずに、人に先んじてアルバイト・パートを探したいのであれば、無料で利用できますので気軽に利用してみてはいかがでしょうか?

 

⇒ アルバイト・パートの求人情報サービスはこちら

 

 

ヘルパー1・2級や介護福祉士など介護職が求人情報を選ぶ為のチェックポイント

 

【なぜ介護職は給料が低いのだろうか?】

日本社会が急速に超高齢社会に向かう中で、必然的に需要が増大しているヘルパー2級や1級、介護福祉士なども介護職ですが、これらの仕事は給料が大変低いことでも知られています。

それはなぜなのでしょうか?

普通は需要が増えればその人材を確保するために給料が上がるはずですが、現状ではそうはなっていません。なぜかというと、現状の医療保険制度・介護保険制度の下では、提供するサービスによって、それぞれの病院など医療施設や老健など福祉施設が、どの程度収入が得られるかは決まっており、支払える賃金もそれによって必然的に上限が出てくるからです。

また、業務内容的にも看護師などの業務の一部的な事を負担する内容となっており、その辺りからも給料上限は決まってしまうという事はあるでしょう。

しかし、介護職にも良いところはあります。それは仕事自体は見つけやすく、働く場所を探しやすいことです。

 

⇒ 給料情報がわかる介護職の求人情報サービスはこちら

 

 

【介護職の仕事探しで気を付けなければいけない事】

「仕事はお金の為だけにするのではない」こんな言葉を聞いたことはありませんか?

もし貴方が、これから介護関連の仕事を探そうとしているのであれば、こんな言葉には惑わされない事をお勧めします。この言葉を発しているのは大抵、「どこそこの会長」とか「どこそこの社長」とかいう人種です。

つまり、貴方や他の従業員に払う給料金額が少なければ少ないほど儲けることができる人達が、貴方達を洗脳するために発している言葉です。介護や福祉の仕事は人助けという事で綺麗事的な言葉に誘導されてしまう人が多いかもしれませんが、他人の言葉は気を付けて聞くようにしましょう。立ち位置が違えば、同じ内容の言葉でも違う意味合いを持ってくるものです。

 

⇒ 給料情報がわかる介護職の求人情報サービスはこちら

 

 

【キャベツの値段と貴方の値段】

今日の晩御飯で野菜炒めをしようとしてキャベツを買う場合、いつも128円でキャベツが売っているのに、その日だけ198円とかになっていたら「今日はほかの店で買おうかな」とか考えませんか?

たった70円の違いでも、自分から出ていくお金には細かく気を配るのが普通です。しかし、仕事探しで給料金額が「基本給14万円~26万円」とか書いてあっても、それほど深く考えず応募してしまう人がたくさんいるのは不思議な事です。買い物ではたった数十円ですら気にするのに、数万円から数十万円の給料金額の幅を平然と見過ごしてしまうのは、本来、非常に危険な行為です。

このウェブサイトを見ているような人なら、もう利用はしているかもしれませんが、現在ではインターネットを介して求人情報を見ることができるサービスは非常に充実しています。その中には「月給14万円~26万円」などという曖昧なデータではなく、「貴方がこの介護施設で働くとずばり○○万円」と教えてくれるような、就職サポートサービスもあります。

もし、真剣に就職先・転職先をお探しなら、下記のような求人情報サービスや就職サポートサービスを利用してみたらいかがでしょうか?

 

⇒ 給料情報がわかる介護職の求人情報サービスはこちら

 

 

看護師の求人情報を見る時のポイントとは?

 

【折り込みチラシでは分からない貴方の給料金額】

転職先・就職先の給料なんて新聞折り込みの求人広告やハローワーク、求人雑誌などを見ればすぐに分かると思ってませんか?

ですが、その方法では貴方の給料金額を知る事はできません。

実際にそれらの方法で病院や施設などの求人情報を見ていただければわかりますが、大抵の求人情報には「基本給18万円~27万円+諸手当」などと、かなり幅があるデータしか分からず、“貴方自身の実際の給料額”は、結局その施設に直接就職の為の面接にでも行かないと教えてもらえないのが普通でしょう。

しかし、面接に行くような状況になれば相手の病院や施設にも負担が生じる事もあり、就職・転職を真剣に考えなければ申し訳ない気持ちになるでしょう。できれば、面接に行くレベルで就職・転職を考える前に具体的にどれだけの給料を貰えるのかを知りたいと思うのが人情ではないでしょうか?

 

⇒ 無料で気軽に使える看護師の求人情報サービスはこちら

 

 

【気軽に給料金額を知る方法】

もちろん、面接などをしなくても、特定の病院・施設での給料額を知る方法はあります。それはインターネット上からも利用できる求人情報サービス・就職サポートサービスを使う事です。

特に看護師であれば、専用の求人情報サービスや就職サポートサービスが充実していますので、ある程度インターネットを使いこなせる人にとっては、そういったサービスを探すのに困らないでしょう。

看護師向けの求人情報サービスや就職サポートサービスも面接をするのと同じぐらい就職・転職を真剣に考えなければならないと思うかもしれませんが、下記のリンク先の求人情報サービスなどは「すぐに転職する気がなくても利用可能」とありますので、気軽に利用できるでしょう。

 

⇒ 無料で気軽に使える看護師の求人情報サービスはこちら

 

 

 

《看護師関連の文献紹介》
サクサク看護研究―AKI先生の転ばぬ先の杖
看護における研究
黒田裕子の看護研究Step by Step

就職に役立つ資格を知る為の方法「ランキングは役立たない」

 

【「就職に役立つ資格ランキング」は役に立たない?】

「就職で役立つ資格ランキング」などの言葉で検索すると、「簿記検定」や「宅地建物取引主任者」、「TOEIC(R)」等をランキング内に上げたサイトを見つける事が出来ます。このような情報を見て「この資格さえ取ってれば就職に有利になる」と勘違いする人が多くいますが、全ての求人情報を見回すと資格を必須とする求人の割合は3割にも満たない数なのが分かると思います。特に転職では、資格よりも業務経験を重視する傾向があるようです。

では資格はあまり役に立たないのかというとそうでもありません。資格が無ければできない仕事もあり、その多くは医療系資格に集中しています。「医師」や「看護師」「介護福祉士」「ケアマネージャー」「作業療法士」「理学療法士」等々は、そもそも資格が無ければ就職する事は難しいでしょう。(これから取得する見込み&学生など例外もありますが)
また土木・建築系なども資格を必須とする割合が比較的高めのようです。

 

⇒ 通信教育などで資格を取れるサービスはこちら

 

 

【資格情報より求人情報を先に見た方が合理的】

早い話が資格を勉強させる事でお金を取る資格取得サービス系サイトの情報は、客観的な情報というより、広告宣伝の意味合いが強いという事は念頭に置いておいた方が良いと思います。自分で既に取得する事を決めた資格があるという場合は、まとまった情報が見られ、またサービス面も充実しているので便利ですが、「就職の為にどの資格を取得するか?」を判断するにあたっては、資格情報サイトより求人情報サービスなどを利用した方がいいでしょう。

最初にゴールを決めておけば、自ずとそこに到達する為に行わなければならない事は決まってきます。まずは自分がどんな仕事をしたいのか、それに必要な資格はあるのかを明確にしてから、資格情報サービス系サイトを利用しましょう。

 

⇒ 求人情報を見れるサービスはこちら

 

 

【それでも一般的に役立つ資格が知りたい】

色々な職業・職種においてダントツの割合で必須の資格として挙がっているのが「普通自動車免許」です。通常、自動車免許は取得するのに何気に時間がかかります。もしどの資格取得をするのか迷っていて、まだ「普通自動車免許」を取得していないのであれば、まずはこれを取っておくのが良いかもしれません。

 

⇒ 通信教育などで資格を取れるサービスはこちら

⇒ 求人情報を見れるサービスはこちら

⇒ 短期間で自動車免許を取れる全国対応合宿免許サービスはこちら

 

 

これから仕事探しを始める人の為の就職・転職10か条とは?

 

【敷かれたレールに従うのは嫌だ!】

人生を語るドラマにおいて「他人(親・上司など)の決めたレールにそのまま従うのは嫌だ」的な物語のパターンは良く目にします。しかしながら、「だから自分は他人の運転する電車にもタクシーにも乗ったことがありません」というキャラクターは見たことがありません。現実の世界において上記のセリフに同意をするような人でも、電車もタクシーもまったく利用した事がないという人は極めて少数でしょう。

どんなに「他人の敷いたレールに従うのは嫌だ」という人も、利便性の高いものを利用するのは普通の事なのです。

個人でも扱えるコンピュータが普及し世界各国に通信網が広がる現在では、様々な情報をインターネット上で閲覧できます。就職や転職をする為の情報を探ろうとすれば「転職を決断する為の10ヶ条」や「仕事を選ぶときに考える5つのリスク」、「就職する時に考えてほしい3つの事」等々、様々な役立ちそうな他人の意見を得ることができるでしょう。

これらの就職・転職に関する情報サイトは就職や転職おいての一定の手順を細かく掲載していて、実際に役立つ意見もたくさんありますが、どうせ他人の意見を参考にし、他人のサービスを利用するのであれば、全自動で目的地まで運んでくれる電車のようなサービスを使った方が利便性は高いと言えます。

 

⇒ 就職・転職を考える人の為の定番サービスはこちら

 

 

【プロのエージェントを利用する方法】

アメリカの大リーグで活躍するプロ野球選手などは誰でも自分をプロデュースしてくれるエージェントを雇っています。その為、野球選手は自分自身であちこちの球団を回る必要がなく、自分の技術を磨く為の練習などに専念できるのが普通です。そして今では、そのシステムはある程度一般の人でも利用する事が出来るようになりました。それが求人情報サービスサイトなど見られる『就職・転職エージェント』などのサービスです。

転職活動は自分に合った転職先企業を探すだけでも、それなりの労力がかかります。現在の仕事を辞めてから転職活動をするのであれば、時間に余裕はあるかもしれませんが、収入が途切れた状態で仕事先を探す事は、余裕をもって転職先を選ぶのが難しくなります。

収入を得られる仕事を続けながら、探すのが合理的な判断だと言えます。その為にも自分の時間を節約できる『就職・転職エージェント』のサービスを利用したいものです。

 

⇒ 就職・転職を考える人の為の定番サービスはこちら

 

 

【でもお高いんでしょう?】

いいえ、無料で利用できます。

年収数億円のプロ野球選手の場合、そのエージェントはサービスの対価として数千万円の報酬を貰う場合もありますが、一般人向けの『就職・転職エージェント』のサービスを行っている求人情報サービス会社等は、人材を募集する企業側からお金をもらっており、就職する側からは基本的にお金を取らないのが普通になっています。

もちろん、企業の方からお金を取ると言っても、結局は巡り巡って貴方が貰うはずの給料額にも影響を及ぼしているかもしれません。しかし、貴方がこの『就職・転職エージェント』などのサービスを使う・使わないに関わらず、企業側が人材確保の為にお金をかけるのは変わらないのです。どのみち貴方が就職する先の企業のお金が使われてしまうなら、あなたの就職・転職を助ける為に最大限有効活用すべきかと思います。

 

⇒ 就職・転職を考える人の為の定番サービスはこちら