起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[不動産投資]2016年に空家対策特別措置法で地価暴落が起こる?

[不動産投資]2016年に空家対策特別措置法で地価暴落が起こる?


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 

危険空き家の税優遇廃止 「放置」 減らす狙い : 大艦巨砲主義!

危険空き家の税優遇廃止…「放置」減らす狙い
2014年11月23日 14時28分

全国で放置空き家が増えている問題で、政府は、倒壊の恐れなどが顕著な場合、税制優遇措置の対象から除外する方針を固めた。

住宅が立っていれば土地の固定資産税が減額されるため、空き家放置の要因になっていた。臨時国会で成立した空家対策特別措置法(空き家法)では、周辺に危険や迷惑が及ぶ恐れが高いものを「特定空き家」と規定。これを除外対象とすることを軸に早ければ2016年からの実施を目指す。
「(中略)」

http://www.yomiuri.co.jp/national/20141123-OYT1T50010.html


********** 引用ここまで **********

 

下手をすると、この空家対策特別措置法で、2016年前後を目処に中古住宅や古屋付土地などが大量放出され、戸建不動産が大幅に値崩れを起こすかもしれませんね。

不動産とは縁の無い人にとっては、中古でも家が買いやすくなるから嬉しいというだけですが、不動産投資をしている人にとっては要注意の情報です。大量にローンを組んでいれば、担保割れを起こした場合に急遽高額のお金が必要になってくる可能性があります。

また、大量に市場へ戸建物件が放出されれば、当然そのうちから戸建賃貸にまわる物件も増えるでしょうから、賃料相場にも影響が出てくる可能性があります。

現状でその辺りのリスクを織り込まずに、賃貸用の戸建物件などを買ってしまうと、後々困ったことになるでしょう。

 

[関連記事・関連情報]

 

 

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です