起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[2014年衆院選]民主党公認の小4偽装サイト(青木大和)の顛末

[2014年衆院選]民主党公認の小4偽装サイト(青木大和)の顛末


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


 

痛いニュース(ノ∀`) : 【小4偽装】 IPA公認天才プログラマーがtehuを痛烈に批判「センス無さ過ぎ、もう少し頭を使え」 – ライブドアブログ

あまりに卑劣な「小学四年生なりすまし」事件に思う
今回の衆議院解散選挙に関して「どうして解散するんですか」という疑問を小学四年生が呈するため、Webサイトを立ち上げた、と話題になりました。

ところがこれが嘘だとすぐにバレてしまいました。みればわかりますが、誰が見ても小学生が作れるようなサイトとはとても思えなかったからです。しかも、 「why-kaisan.com 」というドメインまで取得し、 twitterにも自称「小学四年生」が登場して色々な人の疑問や質問に答える形式です。

主張したかったことの是非は本稿のテーマではないので良いとして、私が許せないと思ったのは、あまりに人を馬鹿にした、卑劣かつ杜撰な手法だったということです。

わざとらしい黒板、そして真ん中に表示されている数字ですが、これはいかにも「このサイトに賛同しています」という人たちのアクセスカウントがリアルタイムに表示されているように見えますが、実際には乱数で勝手にカウントアップされていきます


********** 引用ここまで **********

 

小学4年生という嘘だけではなく、サイトの来訪者数まで嘘だったという話。嘘に嘘を塗り重ねるのはまさしく民主党政権時代を彷彿させますが、民主党のマスコットキャラがツイッターで共犯関係にあることを自白してしまった様子。

 

↓民主党公認で事後共犯をした事を自白↓

【@why_kaisan騒動】民主くん「『小学4年生』のサイトの紹介リツィートは削除しました。フィクションに乗った形のコメント付きで紹介しました」|保守速報

 

 

もっとも民主党の細野豪志氏には高校生の時代から目をかけてもらっていたそうなので、最初から共犯という可能性も出てきましたね。

 

  ↓細野豪志「高校生の時から見てる」↓


更には朝日新聞記者の原田朱美氏にも高校生のときからお世話になっているそうです。

 

↓高校生の時からお世話に↓


その他にも様々な反日系メディア・マスコミ関連集団とズブズブな関係だそうです。

【@why_kaisan騒動】朝日新聞もグルだったことが判明wwwwwww|保守速報

【@why_kaisan騒動】小4役の青木大和氏、電通と繋がっていたwwwww|保守速報

【@why_kaisan騒動】小学4年生役の青木大和氏、NHKとズブズブだったwwwwwwwww|保守速報

【@why_kaisan騒動】ゲンダイがNPO法人代表の『どうして解散するんですか?』を記事にしていたwwww *サイト立ち上げ当日|保守速報

【@why_kaisan騒動】小学4年生役のNPO法人代表・青木大和氏、なんと民主党・蓮舫と繋がっていたwwwwwwwwwwwwwwww|保守速報

青木大和氏「素直に生きろ俺。謙虚であれ俺」→モナトセクス「謙虚さを持ち続けることは大事だね。高校生の時から見てるけど、青木君には世の中を動かす力がある。大丈夫!」|保守速報

 

 

さて、それではなぜ青木大和君は、こんな馬鹿げた事をしてしまったのでしょうか?

理由はこちら辺りですかね。?

【2014年総選挙】民主党から出馬を表明していた自称小学4年生の青木大和工作員 今度は「安重根親族との会食」ツイートを慌てて削除:Birth of Blues

 

青木大和 on Twitter

 

かつての日本の総理大臣を暗殺したテロリストの子孫にあって感銘を受けて、

現在の日本の総理大臣を貶めるサイトを立ち上げたという事です。

 

情報テロが大失敗した青木大和君

日本の総理大臣を暗殺したテロリストを信望する青木大和君は、

次はどんなテロを画策するのでしょうか?

 

 

【追加情報】

NPO法人「僕らの一歩が日本を変える」の代表ですけどNPO法人は関係なく個人でやった事と言っていましたが、どうやらNPO法人自体も絡んでいた証拠が出始めたようです。

⇒【@why_kaisan騒動】NPO法人メンバーの星野大秀氏、サイト立ち上げを『知り合いが立ち上げた』と発言|保守速報

i1330344-1416827794

嘘吐きの言葉なんて元々信じてはいませんけど、やっぱりという感じですね。

 

 

[関連記事・関連情報]

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です