起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[東京都新宿区]マクドナルドがドツボに嵌ってさあ大変♪

[東京都新宿区]マクドナルドがドツボに嵌ってさあ大変♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

え!うそ~!マックのチキンは中国産で薬漬け? – NAVER まとめ

【速報】日本マクドナルド死亡抗生物質漬けの鶏肉が使用された模様マック「心配なら購入控えて」

 日本マクドナルドに中国の仕入れ先企業名を尋ねると、「情報は提供できない、心配なら購入を控えて貰うしかない」と説明責任を全く無視した対応だった。

 

時事ドットコム:食肉偽装の900人逮捕=ネズミ、キツネを牛肉に-中国

中国公安省は2日、キツネやネズミの肉を牛や羊の肉と偽って販売するなど食肉偽装に絡む犯罪で904人を逮捕したと発表した。
同省によると、偽装件数は382件に上り、2万トン以上の偽装肉を押収した。押収品には、偽牛肉や偽羊肉をはじめ、水を注入した肉、病原菌や有毒物質を含んだ肉があった。

 

本物の牛肉は入手不可能!? 中国メディアのサンプル調査で驚愕の結果が…… – 日刊サイゾー

3月10日、同サイトでは、杭州市内8カ所の食料品店や屋台で、牛肉加工食品を謳う商品をランダムに購入。浙江省検験検疫科学技術研究院に依頼してDNA分析を行ったところ、なんとそのうち5つの製品には牛肉のDNAがまったく含まれていないことが判明したのだ。さらに、残りの3つの製品からも豚肉のDNAが検出されている。つまり、8つのサンプルの中に純粋な牛肉加工品はひとつもなかったということになる。

********** 引用ここまで **********

 

今まで、マクドナルドの基本的な客引き方法は安いサービス品で客を釣り、高いセットを買わせるという方法で一貫していました。ある一定レベルの品位を保てていた時は、これで回っていました。

しかし、最近おかしな方向に突き進んでいるようです。安い商品があると言いながら、その安い商品が載っているメニューを店頭から隠してしまったりして、客との信頼関係をズタズタに引き裂き、更には規定時間以内に商品が出来上がらない場合、それを指摘すればクーポン券が貰えるなど、クレーマーが得をするサービスを始めたりしています。

結果的に、自ら客の品質を落とし客層がスラム化するような事態を招いているようです。要するに自ら金払いが良い人たちを追い出し、金払いが悪い人を招いているわけですね。この状態で業績が悪いからといって値上げすると、今度は安売り品目当ての金払いが悪い人たちも霧散してしまうでしょう。どう考えても詰んでいますね。

 

そんな状況の中で、今度は中国産の肉を使っているというニュースです。

上に引用した記事を俯瞰してみると、ネズミや狐の肉を平気で牛肉として売り、更には安全基準お構いなしに薬剤を使っている中国産の鶏肉をマクドナルドが使用しているのではないかという話になります。しかもマクドナルド側に問い合わせても否定せず「嫌なら買うな」という対応のようです。

マクドナルドはたくさんの広告宣伝費を使っている関係もあって、その事実が口止め料的に働き、既存マスコミはそれほど積極的にこの問題を報じる事はないでしょうが、このところの日本国内の対中国体勢から考えると、いつ火がついてもおかしくない情報でもあります。政治体制が変われば商売の方法も大きく影響を受けるものですから、まともな商売人ならリスクをきちんと把握してビジネスを考えたいものです。

 

[関連記事・関連情報]

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です