起業家や就職活動の為のビジネス的日本案内『ジャパンガイド・ドット・ビジネス』

求人情報や地域の企業活動から日本のビジネス状況を分析した情報を掲載。起業や就職・転職を応援します。

e-Mail webmail001@japan-guide.biz

[中国毒食品再来]マクドナルドを即死させるレベルの猛毒

[中国毒食品再来]マクドナルドを即死させるレベルの猛毒


このエントリーをはてなブックマークに追加

 


痛いニュース(ノ∀`) : 日本マクドナルド、「チキンマックナゲット」の2割を期限切れ肉使用の中国工場から購入 – ライブドアブログ

日本マクドナルドは22日、中国の食品会社が消費期限切れの鶏肉を使用していた問題で、国内で使用する「チキンマックナゲット」の約2割を同社から輸入していたと発表した。

マクドナルドは報道で問題を把握した21日に該当商品の販売を中止し、タイや中国の別工場で生産した商品への切り替えを進めている。


********** 引用ここまで **********

 

前から疑惑として挙がっていた「中国産を使っているのではないか?」という情報に、マクドナルド側からソースを付けた形になります。

中国産を使用しているのはチキンだけではないでしょう。

 

自分が特に危ないと感じているのが、油つまり中国の地溝油(下水の上澄みに浮かんでいる油を回収したもの)を使っているのではないかと思われることです。

マクドナルドの規模レベルになると、少しでもコストを下げれば、利益は大きく変わってきます。メニュー内容に油を使う商品が多いマクドナルドでは、油を調達するコストは出来るだけ下げたいことでしょう。となると、地溝油が関わってくる可能性は無視できないレベルで存在すると感じます。

 

もちろん、マクドナルド社の人間が積極的に地溝油を購入するとは思えませんが、取引相手は中国人です。中国人が「こちらは、とても新鮮な油です」といいながら、自身の利益増大のために地溝油を混ぜてくるのは、自然の成り行きでしょう。

しかも、このニュースによってマクドナルドは「自社が徹底的に管理しているから、地溝油が混じるなんてありえません」とは口が裂けても言えなくなりました。

 

これと類似のニュースについて1年以上前から掲載していますが、とうとうマクドナルドの全身を中国の猛毒がまわり、息の根を止める事態が訪れようとしています。

 

[関連記事・関連情報]

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です